正文館Facebookページ
ご注文承ります
正文館FAX宅配便

つれづれ日記
カルチャースクエア貸し出し
おすすめの一冊
疲労と睡眠研究の第一人者が、具体的な疲労回復法を大公開!! 今までの方法は、実は間違いだったかも?
本当に疲れをとるためにはどうしたらいいのか。すぐに実践できる方法が満載です。
梶本修身/著
PHP研究所
600円(税別)
9784569766478


2017/4
今月の「おしらせ」表紙
「梅が香に のっと日の出る 山路かな」 松尾芭蕉
「春雨や 猫に踊りを 教える子」 小林一茶
「春雨や ものがたりゆく 蓑と傘」 与謝蕪村
「春や昔 十五万国の 城下哉」 正岡子規
「たんぽぽや 日はいつまでも 大空に」 中村汀女
上記の俳句は、春の俳句として、特に有名な俳人が詠んだものを挙げてみました。
五七五の言葉で、「季語」を入れて、情感や情景を見事に表現する。
日本語の美しさと奥深さが凝縮されています。私たちが日常何気なく使っている言葉も、そんな美しさを感じる言葉を使いたいものですね。
俳句の本、歳時記、さらに面白おかしく表現した川柳の本など、いろいろあります。
この春は五七五の言葉の世界で遊んでみませんか?
夏井いつき/著
マルコボ.コム
1,400円(税別)
9784904904312

片山由美子/著
NHK出版
1,400円(税別)
9784140161999

金子兜太/監修
誠文堂新光社
1,800円(税別)
9784416810286


2017/4